Main menu

USIO Design Project 石垣島名産品リデザイン

名産品リデザイン  USIO Design Project

・石垣市と地元の名産品リデザインコンペを開催
・モノづくりのプロセスを通して地域のファン作りに挑戦
・台湾-石垣市-東京。海を超えたプロジェクトチームを結成

東京から約1900km離れた沖縄県・石垣島。美しい自然とのどかで優しい人々が暮らす魅力あふれる亜熱帯の島です。そんな石垣島の魅力をさらに伝え、発信していくために、石垣市役所と共同で名産品をリデザインする"USIO Design Project"を実施しました。

本プロジェクトのメンバーである石垣市役所観光文化課(※プロジェクト開始当時)の小笹俊太郎氏、ロフトワークシニアディレクター寺井翔茉、コミュニケーションディレクターの中田一会、FabCafe Taipei創始者のTimとUSIO Design Projectを振り返ります。

大切な環境をキープしたままで、みなから愛され続ける場所でいられるだろうか?

- プロジェクトをはじめるきっかけについて教えて下さい。

小笹(石垣市役所):私たちの島は、沖縄本島からさらに南に400km、台湾からは270kmのところにあります。八重山諸島は小さな島々の集合体で、とても自然が豊かで、ぐるり手の届く“身の丈”の暮らしがあります。農業や小規模な製造業もありますが、島の経済の中心は観光業です。

石垣市役所 観光文化課 小笹俊太郎氏と石垣島の空港で初対面

観光を取り巻く状況もここ10年で大きく変わってきていて、2013年3月には新しい空港もでき、いまは島はとても賑わっている状態です。でも嬉しさの反面、一方では色々な心配もあります。

本当に大切なこの環境をキープしたままで、みんなから愛され続ける場所でいられるだろうか。今の島の経済構造は、必ずしも島の人すべてが潤う仕組みになっていないので、どうしたら島の人が豊かになれるのか。そもそも石垣島らしさ、八重山らしさって何なんだろう。

こんな事を考えて、『次の切り口』を探るのがとても大切なタイミングだなあと感じていました。いわゆる観光地という型にはまった振る舞いではなく、もう一度、そこに揺さぶりをかけていく事が重要なアクションになると考えました。

- 名産品リデザインに注目された理由を教えて下さい

小笹:『次の切り口』となるアクションとして、

1.外からの目線を入れたい。しかもデザインの力を最大限取り込む。
2.モノを通して島の魅力の発信したい。広く伝えていく伝道師の役割をモノに託したい。
3.地理的・歴史的にも繋がりの深い、台湾からの視点を入れたい。


という3本のテーマを掲げました。

旅行消費額の1/3はお土産品と言われていて、地元の経済にも直接つながると考えました。島と外の人をつなぐ接点として、単なる情報だけでなく、モノを通じた方が、より強いコミュニケーションが生まれるということも、日々の仕事の中で感じていました。

そんなことを考えながら夜中にネットを見ていたら、前々からファンだったスマイルズの遠山正道さんのブログに、ロフトワークが携わるRooootsの情報があり、ビビビッときてしまい、翌日には電話をかけていました。『こんな事を考えているので、プロポーザルに是非手を挙げて欲しい!』と。

プロセスを徹底的にオープンに。石垣島の違う一面を魅せる「ことづくり」

- ロフトワークからはどのような提案をしたのでしょうか?

中田(ロフトワーク):「石垣島から問合せがきた!」と、社内がどよめいた日のことは今でも覚えています(笑)。 小笹さんがビビビッときてくださった「Roooots 名産品リデザインプロジェクト」は、2008年から4回に渡って、地方で開催される国際芸術祭(大地の芸術祭 / 瀬戸内国際芸術祭)と連動する形で開催してきたプロジェクト。過疎化・少子高齢化に悩む地域に芸術祭で人を呼び、ターゲットに合わせたリデザイン名産品をお土産として販売することで地元産業の活性化に繋げることが目的でした。

その点、石垣島は、観光地として既に高い人気と認知度を誇り、移住する人も多い「とっても元気な地域」です。もちろん特有の課題もあるのですが、USIOではRooootsと同じスキームを活用しながらも、島の文脈に合わせたメッセージングや新しい仕掛けが必要でした。

そこで私たちが、提案したのは、特設Webサイトやソーシャルメディアを使って、プロセスを徹底的にオープンにすること。名産品のリデザインという「ものづくり」の企画の形をとりながら、その間で起こる出来事を細かく情報発信することで、石垣島の違う一面を見せる「ことづくり」を目指しました。また、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」の台北チームと連動して、クリエイターネットワークを巻き込んだイベントも提案しました。

▲特設Webサイト(usioproject.com)とFacebookページ

石垣・東京・台北の3拠点で、モノとデザインを通した新しい形の観光PRに挑む。それがUSIO Design Projectの企画時からメンバー全員で共有していた方向性でした。

Tim(FabCafe Taipei):USIO Design Projectは、地方コミュニティの文化を理解するために親密で人道的なアプローチをしていて、台湾と日本の多くの人々にデザインを通して、地方の生活を紹介しようとしていたので、プロジェクトへの参加を打診された時はとても興奮したのを覚えています。

- USIOという名前はどのように生まれたのでしょうか?

寺井(ロフトワーク):USIOは、海の「潮(うしお)」のこと。異なる海流がぶつかる「潮目」は、豊かな漁場になる…というエピソードと、島の象徴である美しい海のイメージがぴったりだと思い、名付けました。デザインを中心に、「外の視点」と「島で生まれるモノ、働くヒト、育まれる知恵」がぶつかり、新しい豊かさを生みだしたい!そんな想いを込めています。

- どのようなプロジェクトチームで進めていったのでしょうか。

寺井:USIOはロフトワークの他のプロジェクトと比べると、かなり異色のチーム編成でした。

まず、クライアントである石垣市役所観光文化課の皆さんも含め全員が「USIOチーム」としてフラットに参加。どこかに「事務局」をつくるのではなく、石垣・東京・台北に各チームが置かれ、それぞれが役割をもって有機的に動くような編成にすることで、異なる視点が交差する「潮目」が生まれるように設計しました。

石垣-東京-台北の3拠点に別れたチームと役割

▲USIO Design Project Team 左から台北チームのTim(FabCafe Taipei創設者)、東京チームの寺井、中田、石垣チームの小笹氏

台湾との文化交流強化を目指し、FabCafe Taipei 、台湾デザインセンターと連携

- 台湾とのコラボレーションは何故生まれ、どのように実現したのでしょうか

小笹:もともと石垣島は、台湾と地理的に近く、古くから移民や文化的交流がありました。

例えば、パイナップルの栽培は台湾から伝えられたし、玄米乳に似た飲み物やシーサーが台湾にあったりもします。台湾と連携することで、日本や沖縄本島とも違う、石垣・八重山独特のアイデンティティを改めて探るキッカケにも繋がるのではと期待を込めました。

ですので、USIO Design Projectでは、審査員に台湾デザインセンター所長の陳文龍さんをお招きしたり、FabCafe Taipeiと連携してイベントや情報発信を台湾向けに積極的に行ったり、結果的に台湾のデザイナーが「石垣ツナ」の担当に採用されるなど、各フェーズでコラボレーションしています 。

▲デザイン審査会では、台湾デザインセンター所長の陳氏が参加。「このタイポグラフィはとても日本的だと感じる」「台湾の若年層でもマスキングテープが人気」など、台湾市場を見据えたディスカッションが展開された。

Webサイトは、日本語・英語・繁体中国語(台湾の公用語)に対応。リデザイン対象の商品の背景を伝えるストーリーなど、しっかり伝わるように配慮した。

▲公募開始時にはFabCafe Taipeiにてキックオフパーティーを開催。約80名の台湾人クリエイターが、リデザイン対象に触れたり、味わったりする機会を提供した。作品募集の際には、台湾デザイナーズウィークも呼び掛けに協力。

Tim:台北チームでは、USIO Projectと、選定された10商品の背景にあるストーリーを広めるために、ワークショップや、イベント、そしてFabCafe Taipeiでのスペシャルメニューの提供を通して、台湾のクリエイターへアプローチしました。 台湾の地元のデザインコミュニティーもとても興味を持ってくれたので、彼らのデザインプラットフォームと冊子を使い、プロジェクトを拡散してもらうようお願いしました。

小笹:これら取り組みの結果、デザイン公募では、約2割が台湾からの応募作品となりました。

後編:商品の魅力。地元住民の想いをカタチに。へ続く

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

このプロジェクトのサービス

石垣市役所とのパートナーシップ

&