Main menu

東北福祉大学のドキュメンタリーを自分のドキュメンタリーに

曹洞宗宗立の私立大学で『自利・利他円満』の哲学を教育の理念とする東北福祉大学。2017年3月、学内部署を中心に林立していたWebサイトの整理 ・一部統一とともに運用体制を改め、より本質的な大学の魅力の探求及び、ターゲットへの訴求を目的にWebサイトのリニューアルを行いました。

ロフトワークでは、これからの時代に求められる大学Webサイトのあるべき姿を、様々なリサーチプロセスを経て検討し、リニューアル方針を策定。目指すべき方向と、ターゲットに向けたメッセージとコンテンツの作成を含めたWebサイト全体のリニューアルを支援しました。

目指したのは、進路を意識しはじめる高校二年生が大学選びを自分事化できるWebサイトです。

  • 支援内容
    ・要件定義/企画
    ・設計/デザイン
    ・実装(コーディング/CMS開発)
    ・コンテンツ作成(ライティング/撮影)
    ・コンテンツ登録
    ・サイト運用講習会の実施
  • アプローチ
    ・経営陣から、学生、OG/OBなど大学に関わる様々なステークホルダーの意見を集約
    ・東北福祉大が「選ばれない場面」から逆算した、Webサイト構造の定義
    ・シンプルなメッセージと大学生活でのリアリティを伝えるコンテンツで大学選びを自分事化
  • 体制
    ・クライアント:学校法人栴檀学園 東北福祉大学
    ・プロデューサー:柏木 鉄也
    ・プロジェクトマネージャー/クリエイティブディレクター:齋藤 実帆
    ・ディレクター:内藤 まり子/青木 大地関口 智子
    ・テクニカルディレクター:小野村 香里
  • クリエイティブチーム
    ・Webデザイン:依田 樹彦
    ・コーディング:飯田 恭央
    ・CMSテンプレート開発:システムパック株式会社

プロジェクトのプロセス

大学に関わる様々なステークホルダーの意見を集約し、リニューアル⽅針策定書を作成

Webサイトリニューアルの要件から、教育の現場に関わる教職員を含めた関係者とのワークショップを実施。東北福祉大学の価値を明らかにしました。続いて、副学長を含めた経営者、学生、OB/OGへのインタビューを行い、大学の原点や信念から入学前の期待や実際の大学生活で得たことを集約。集めた情報を、リニューアル⽅針策定書としてまとめました。

あえて「選ばれない場面」から逆算した、Webリニューアルのコンセプトの定義

学科・部署の意向を反映しすぎるあまりに、統一するのが難しかったメッセージやターゲットを改めて整理。「東北福祉大学のドキュメンタリーを自分のドキュメンタリーに」というWebリニューアルのコンセプトを定義し、ターゲットのメインを高校二年生〜受験生にしぼりました。コンセプトは、何故東北福祉大学は選ばれないのか。からスタートしています。

シンプルなメッセージと大学生活でのリアリティを伝えるコンテンツで大学選びを自分事化

トップページでは大学での日常を体感してもらうためにイメージ画像を大きく配置。ボランティアへの参加や、資格への挑戦、子どもから高齢者に触れる、など東北福祉大学でできる様々な学びの可能性をメニューとして紹介しています。

Webサイトのコンセプトに合わせて作成した、東北福祉大学のDNAでは、福祉の多様な選択肢を伝え、次の時代の「あたりまえ」を創造している卒業生たちの学生時代と今に迫る、東北福祉大学のリアルなドキュメンタリー。Webサイトにはじめて訪れた人が、東北福祉大学では「自分が自信をもった何者かになれる」と実感してもらうことを意図し、福祉の本当の姿・あり方を伝えています。

東北福祉大学のDNAは、取材・ライティング・編集も含めてコンテンツ制作を支援しています。

9/8 イベント開催決定

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

daichi_aoki

クリエイティブディレクター
青木 大地

トップページのメインビジュアル撮影やキャッチコピー、東北福祉大学のDNAの部分を主に担当しました。卒業生インタビューの記事は、他の大学サイトでもあるかもしれませんが、一人ひとり職場にお伺いし、2時間ほどのインタビューと撮影を実施しました。お忙しい中インタビューにご協力いただけたおかげで、東北福祉大学の想いが詰まったコンテンツ制作ができたと思います。このコンテンツ制作を通じて、私自身も福祉の本当の大切さや多様な価値観・あり方を学ぶことができました。受験生のみならず多くの方に読んでほしい、東北福祉大学の魅力が詰まった大学サイトになっていると思います。

kaori onomura

テクニカルディレクター
小野村 香里

技術的な観点からのデザイン・コーディングチェックと、CMS仕様設計を担当しました。初めてCMSを利用する方にもなるべく使いやすい仕様を心がけるのはいつものことですが、 2種類あるコンテンツエリアのグレー背景が繋がらないように、など見た目や細かい部分にも注力しました。 OBインタビューに同席させてもらったり、色々な施設を見学して担当者様のお話を聞いて、本当に魅力のある大学だと感じましたし、その魅力が伝わるサイトになったと思います。個人的には東北出身なので、東北の案件を担当できたことが嬉しかったです。

Tetsuya Kashiwagi

シニアプロデューサー
柏木 鉄也

プロデューサーとして、プロジェクトの全体設計を担当しました。要件定義では地方大学ならではの悩み、東北地域固有の課題について触れる所が出発点でしたが、皆様からのお話をお聞きしていく中で、学校経営の思いが活動へ、学生へ、と広がり今の東北福祉大の魅力を形成しているのを感じました。 これまでに無い経験を一緒にさせてもらい、その魅力を表現するお手伝いができたことが嬉しいです。