Main menu

Column コラム

ミックスジュースワークショップ

Satoko Kitajima

クリエイティブディレクター / デザインエヴァンジェリスト
北島 識子

“おいしい”チームビルディングのレシピ、教えます!
ミックスジュース・ワークショップ

あなたのチームのコミュニケーション、上手く行っていますか?

チームメンバー間の良い関係性を作ることは、プロジェクトの成功に作用する重要なファクターです。チームの関係作りの手法は色々とありますが、今回は、ロフトワーク流のチームビルディングのレシピを紹介します。

その名も、「ミックスジュース・ワークショップ」!

チームで素材を決め、その場でミックスジュースを作り、おいしかった方が勝ち!というシンプルなチームビルディング・ゲームです。

ことの始まりは、loftworkの10Fにキッチン付きのMTGスペース「loftwork Lab」ができたところから。「折角キッチンがあるんだから、食べ物を使ったイベントやワークがしたい!」という林の声のもと、ジューサーが導入されました。

一番始めは、GAKKOプロジェクトという 「日本で最高に楽しいサマースクールを作る」プロジェクトのメンバーと一緒に実験しました。大成功だったワークは、香川県の直島で 8月4日から5日間、日本の高校生向けサマースクールでのレクリエーションとして活躍しています。

その効果のほどは? FabCafeブログでレポートしてますので、そちらもご覧ください。

ミックスジュース・ワークショップの“おいしい”ところ

GAKKOプロジェクトで完成したミックスジュースを飲んでみたところ

「何もチームビルディング・ゲームやアイスブレイクに、そんなに頑張らなくても…」と思われそうですが、コミュニケーションが活発なチームをつくることは、プロジェクトの成果を生み出す大事な下地です。そのためには一気にチーム力を高めるワークショップが有効なんです!

・“食べ物”を使うことで五感を刺激できる!

アイスブレイクの方法は色々とありますが、食べ物を使うことで、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、五感すべてを使うので、体にも心にも刺激のあるエクササイズになります。

   

・おいしくても、まずくても、達成感を感じられる!

負けた方も勝った方も、魅力的な(フシギな味のこともありますが…!)成果物を生み出すことで達成感を感じられます。

 

・スムーズに意見を言い合える!

食という身近なテーマだと、好みや感想も意見しやすいもの。互いの意見を受け入れる雰囲気ができるので、プロジェクトが始まった後のコミュニケーションも円滑になります。

■レシピ(所要時間…40分前後)

<用意するもの>

汚しても怒られない場所
ジューサー
テーブル
カップ(人数分)


<材料>

フルーツ:バナナ、りんご、オレンジ、キウイ、桃、レモン、パイン
野菜:トマト、アボカド、キュウリ、セロリ、ゴーヤ(!)、ほうれん草
スパイス:ショウガ、チョコレート、ミント、黒酢、はちみつ
割りもの:ミルク、ソーダ、ヨーグルト、氷(スムージー等に)…などなど


<作り方>

0.趣旨説明と、ジューサーの使い方の説明

1.5人〜7人ほどのチームに分かれて、簡単に自己紹介

2.ジュースのテーマを決める(さわやかさっぱり系?南国リゾート風?)

3.ミックスジュースの素材を選んで、ミキサーにかける

4.試飲&調整

5.ジュースに名前をつけて、審査員にプレゼン

6.一番おいしい&おもしろいジュースのチームが優勝!

どんどん素材がミックスされていく…どんな味になるのか最後までドキドキ!

■コツ・ポイント

・料理上手なメンバーがいても、その人に頼りすぎず、みんなの意見で材料や名前を決めましょう
・美味しくないジュースができても、笑い飛ばす気概が大事
・特に効果的なのは、知らない人同士がチームを作る場合、キックオフ等の、プロジェクト前段です

食のワークショップから生まれるもの

実は食べ物を使ったワークショップ、ロフトワークのイベントやミーティングで展開中です。

例えば、イベント「Design Dive」の半日ワークショップでは、「カスタマイズおにぎり」をテーマにチーム毎におにぎりを作るワークを行いました。場所や季節や参加者に合わせて、テーマを変えてみるのも面白いですね。

楽しかったおにぎりワークショプ(Design Diveにて)


ちょっと古風ですが、「同じ釜の飯を食う」…という言葉もあるように、同じものを味わうことが、共通体験になり、チームの距離を近づけてくれる効果はスゴイんです。


ロフトワークのワークショップの前に、「お腹を空かしてお越しください」というお知らせが入ったら、そのときは…お楽しみに!

くいしんぼうディレクターがお待ちしてます!

執筆者

Satoko Kitajima

クリエイティブディレクター / デザインエヴァンジェリスト北島 識子

東京造形大学でグラフィックデザインを専攻し、卒業後、新卒でロフトワークに入社。持ち前のクリエイティビティを活かし、大手コミュニティサイトのコンテンツ制作から、美術館サイトをはじめとした中~大規模サイトのCMS導入、iPhoneアプリの企画制作まで幅広いジャンルのディレクションを手がける。

コメント

blog comments powered by Disqus