Main menu

第4回:ラピッドプロトタイプ ~仮説検証のモデルを作る~ [FabLabの実践編]

2012年7月18日、「Tokyo Art Research Lab 実践!プロジェクトデザイン」第4回講座が開催されました。(レポート:第1回 / 第2回 / 第3回)今回のテーマは、「ラピッドプロトタイプ~仮説検証のモデルを作る~」。プロジェクトの価値を人に伝え、検証していくための手法を学びました。 

(レポート:クリエイティブDiv. ディレクター 越本 春香)

PD講座 vol.04 プロトタイピング

「つくる」ことの価値とは何だろう? FabLabのメソッド

次世代のものづくり現場から「プロトタイプ」作りを学ぶ

ゲスト講師は『FabLab Kamakura 』の渡辺ゆうかさん。講座冒頭では、3次元プリンタやカッティングマシンなどの工作機械を備えた市民参加型工房『FabLab』の日本初の拠点、『FabLab kamakura』のコンセプトと実践内容を紹介。ソーシャルなものづくりと、プロトタイプの考え方について、渡辺さんからご紹介いただきました。

PD講座 vol.04 プロトタイピング

 ▲渡辺さん「ものづくりは、手を動かして失敗するもの。失敗できる場所を作りたい!」

FabLabは、自分の手で自分のほしいものをつくる『パーソナルファブリケーション』という考え方をもとに、世界130カ所以上にネットワークを展開している、次世代のものづくりの「インフラ」。誰もが使えるオープンな存在でありながら、最先端技術を備える工房では、様々な実験が行われています。(ロフトワークのFabLabレポートはこちら) 

FabCamp_055

 ▲FabLab Kamakuraは鎌倉に移築した由緒ある蔵を改造して工房にしている

化学反応を起こすプロトタイプの方法

渡辺さんが今回紹介されたのは、一般の方と共同でものづくりに取り組むプログラム、『結のファブ』。 当日FabLab Kamakuraに来ていただき、“黒板に名前を書いた順”というゆるやかなルールで、1日2組限定の完全予約制で続けています。ゆっくり、じっくりとカウンセリングを行いながら、ものづくりに打ち込める街医者診療スタイルをとっています。

PD講座 vol.04 プロトタイピング 

▲「津波がくる時、鎌倉の街で安全な場所を案内するサインを作りたい」人とは、道ばたの石にサインマークをレーザー刻印をしてみたそう。様々な実現方法とアプローチがあります。

*「結のファブ」に参加するためのちょっと変わった条件  

・ 制作した作品1点を展示用に提供すること 

・ 作品の写真と文章を制作すること 

・ 作品データをオープンソースにすること 

・ 作品をWebなどでシェアすること ものづくりをソーシャルにしていくことで、問題が解決されたり、様々な化学反応が起こる仕組みになっています。

PD講座 vol.04 プロトタイピング

▲「私たちは今、ほぼ何でも自分たちでつくれる環境をめざしています。その試みをぜひ体感してほしい!! 」 

同じデータでも素材を変えるだけで見え方が全く違ってきたり、素材の特性で新しい発見があったりと実験工房では日々新しい学びが生まれています。 渡辺さんが実践しているのはまさに、完成形をつくることそのものではなく、アイデアを形にすること、そのためにあらゆる方法で様々な形でつくってみること。後半では、このFabLabナレッジを活かしつつ、プロジェクトデザイン的プロトタイピングに挑戦します!

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 19
    11月

エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-

本プログラムは、MTRL Kyotoで開催する、イベントの転載です。 エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-第一回:手のひらサイズの小さ...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。