Main menu

第5回:プロトタイプテスト~ユーザーの体験からリーンに学習する~ [考え方編]

2012年7月25日、「Tokyo Art Research Lab 実践!プロジェクトデザイン」第5回講座が開催されました。(レポート:第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回)今回のテーマは、「プロトタイプテスト」です。

(レポート:クリエイティブDiv. ディレクター 越本 春香)


PD講座 vol.5 プロトタイプテスト

アイデアをブラッシュアップし、製品やサービスの精度を高めるためには、ユーザーを巻き込みながら改善していく必要があります。企画者の頭の中で「本質的な価値は何だろう」とひたすら考えるより、他者に企画を説明し、テストすることで思わぬ解決の糸口がみつかるもの。今回のテーマは、ユーザーテスト。講座で作成したプロトタイプをもとに、「課題発見」に挑戦しました。

どうしてプロトタイプが必要なのか。プロジェクトデザインの視点で考える。

今までの「ユーザーテスト」はもう通用しない!?

時代の変化に伴い、人々の価値観やビジネスのルール、スピード、成功の仕組みも変わってきました。ユーザーテストにおいても、今までの手法とは違ったアプローチが求められています。

*今までのユーザーテスト

・ 完璧なプロダクトを作ってから行う

・ 外部の調査会社に依頼し、時間と費用をかける

・ 失敗した場合は、すべてやり直しになってしまう

*これからのユーザーテスト

・ まずは"プロトタイプ"を作ってみる

・ 自分たちで調査し、課題をみつける

・ 分析をもとにプロトタイプを修正する

・ 「作る→テスト→改善」の小さなループで、常に軌道修正していく

PD講座 vol.5 プロトタイプテスト

▲「インターネット登場以前と以後で、発想が逆になってきています」(講座コーディネーター・林千晶)

どんな才能豊かな人でも、一発で成功することはない

画期的なプロジェクトであっても、価格以上の体験がなければ、ユーザーはその「価値」を体感できません。MVP(Minimum Viable Product)の考え方を元にしたプロトタイプは、ミニマムな単位で課題を設定することにより、早い段階で軌道修正が可能です。細かい単位や序盤で仮説を検証できれば、本質を見失わないというメリットもあります。

PD講座 vol.5 プロトタイプテスト 

▲「完成後にテストしてみたら結果が仮説の逆だった…それではまるでギャンブルですよね?」ロフトワークのディレクター・西本がプロトタイプテストについて解説

どんな才能豊かな人でも、一発で成功することはありません。評価と改善を繰り返すことで、プロジェクトの品質は大きく向上します。フィードバックループの回転数を上げて、数をこなしていくためには、自分たちで行うDo-It-Yourself(DIY)方式の簡単なテストを使用します。その「DIYテスティング」の軸として次の3つを提示しました。

「DIYテスティング」の3つの軸

1、ライトなリクルーティング

・ ソーシャルメディアや知人

・友人・家族・同僚に協力してもらう

・ ユーザービリティレベルの穴は、完全にターゲットに合わなくても確認できるもの

2、インタビューの内容を設計

・ テスト内容を絞り込んで、コアになるタスクを決める

・ ボリュームを把握するために、スタートとゴールを定義

・ 周辺情報を想像してもらうために、シナリオを用意

・ インタビューガイドラインの作成

3、インタビューのガイドライン

・ イントロ(挨拶、撮影の許可)

・ 事前インタビュー(個人属性とタスクの関連性を確認)

・ 事前説明(テスト内容の説明)

・ 実行観察(MVP・タスク・スタートとゴール・シナリオの提示)

・ 事後インタビュー(感想、評価を聞く)

・ エンディング(挨拶) *参考:樽本徹也『アジャイル・ユーザビリティ ―ユーザエクスペリエンスのためのDIYテスティング―』

PD講座 vol.5 プロトタイプテスト

 

テストする際はポイントをおさえてインタビューすることにより、ユーザーの認知プロセスが明らかになり、操作の失敗や不満の原因を論理的に分析できます。

 * インタビューのポイント

・ 効果(ゴールまで達成できるか)/効率(使いやすいかどうか)/満足度 を観察の軸にする

・ 思考発話法(ユーザーに思ったことを口に出しながらテストを実行してもらう)

・ 5人以上にテストする(約85%以上の不具合は発見される)

・ ユーザーの声をそのまま聞かない(課題と根本の原因を発見するのが目的)

PD講座 vol.5 プロトタイプテスト

 ▲ 「ユーザーの答えをそのまま聞いてはいけません。ユーザーの要望を反映するのが目的ではなく、ユーザーの反応を観察して課題を見つける事が目的だからです」(ロフトワークディレクター・西本)

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 19
    11月

エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-

本プログラムは、MTRL Kyotoで開催する、イベントの転載です。 エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-第一回:手のひらサイズの小さ...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。