Main menu

第6回:プレゼンテーション ~アイデアの魅力を効果的に伝える~ [振り返り編]

2012年8月1日、「Tokyo Art Research Lab 実践!プロジェクトデザイン」第6回講座が開催されました。(レポート:第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回)今回のテーマは、「プレゼンテーション~アイデアの魅力を効果的に伝える〜」。今まで組み立てたアイデアをいかに効果的に伝えることができるか、集大成の発表に挑戦しました。

(レポート:クリエイティブDiv. ディレクター 越本 春香)


PD講座 vol.6 プレゼン

▲最終回はいつになくビシっとスタートしました…!!

改めて。何がプロジェクトデザインに大切なのか。

時代の先を読むパイオニアから「本質」を学ぶ

「プロジェクトデザイン」において、何が重要なのか。最終回ということで、改めて講座冒頭でトップランナーの実践的なメソッドを学び、全体振り返りのヒントとしました。

ゲスト講師として参加いただいたのは、株式会社インフォバーン株式会社メディアジーンの代表取締役・今田素子さん。「ワイアード」、「サイゾー」、「ギズモード」、「ライフハッカー」「マイロハス」など次々と新しいメディアを立ち上げ、成功させている今田さんは、どのようにプロジェクトをデザインしてきたのでしょうか?

PD講座 vol.6 プレゼン

▲今田さん「新しいことが大好きで、思いついてはすぐ立ち上げてきました。その分たくさん失敗もしています」

今田さんは、海外の出版事業に関わった後、アメリカの月刊誌「ワイアード」の版権交渉を成功し、日本版をローンチさせました。その後「これからの時代は紙ではなくデジタルに変わっていく!」と思い立ち、企業のメディア立ち上げ支援を行う株式会社インフォバーンを設立。 さらに「ギズモード」や「ライフハッカー」など現在7つの媒体を運営する株式会社メディアジーンを設立し、インターネット・メディア事業を展開しています。

プロジェクトを立ち上げるときに必ず考える5つのこと

人気メディアを次々と立ち上げる現場では、どのような"MVP"が意識されているのでしょうか? 今田さんからはいままでの経験を元に、「5つの軸」をご紹介いただきました。

PD講座 vol.6 プレゼン

1、何をやるのか?

・ コンセプト・ 誰のためにやるのか

・ 他とは違うのか

・ 収益の源泉は?

根幹の部分を共有できていないと、同じことを話しているつもりでも、メンバーそれぞれが違うことを考えていた…なんてことも。

例えば、メディアを立ち上げる時は、メディアビジネスの原則から共有しなくてはいけません。メディアはコアなユーザーを抱え、企業とマーケティングプランで繋ぐことによって収益化しています。やりたいことが明確に決まっていて、想定ユーザーが多かったとしても、繋げられるクライアントがいないとビジネスは成り立たないのです。「やりたい」だけではだめ。ビジネスモデルの像を最初にしっかり描くことが重要です。

2、誰とやるのか、誰とならやれるのか

・ 一番やりたいのは誰か

・ どんなチームなのか

・ 足りないのはどのスキルか

チームのうち、プロジェクトを「一番やりたい人」は誰でしょうか? その人がリーダーとなってみんなを引っ張って、ビジョンをしっかりと伝えていけないと、方向性はどんどんブレていきます。

プロジェクトは面白ければ面白いほどいろんな人が集まってきますが、どんなスキルのある人が集まっても上手くいかない時があります。余計なスキルを増やすのではなく、「足りないスキル」を明確に把握しておくことが大切です。メンバーがなかなか決まらないとスタートが遅れる原因になります。

 重要なのは、メンバー同士が心から共感できてコンセプトを共有できる最小限のチームです。

3、コストは? そしていつ?

・ どの資金でやるのか

・ いつがベストなタイミングか

 小さなプロジェクトで自分のお金を出すことは簡単ですが、大きなプロジェクトを立ち上げる時は、外部からの資金調達が必須です。必要な金額、投資メリット、そしてどんな価値を生み出すのかを正確に伝える準備がなければ、資金調達は始められません。また、タイミングも重要です。プロジェクトのスタートは早ければ早い方が良いですが、季節や時流に合わせることでプロモーションコストが下がる場合もあるからです。

アライアンスを組んで資金を出し合う場合は、誰が主体なのかわかりづらく、相手に対して気を使ったり、妥協が生まれたりするので失敗しやすいもの。誰がどんなバランスでコミットするのかが、大きなポイントです

4、ビジネスとして成り立つのか

・ どんなリスクがあるのか

・ マーケットはどんな状況なのか

・ 類似サービスは

「やりたい」想いだけでプロジェクトを立ち上げると、そもそも市場がなかった…ということも。一方で、画期的なプロジェクトを立ち上げたとしても、類似サービスがある場合、その価値はなかなか伝わりません。ただし、たとえ似通ったサービスがあったとしても、自分がプロジェクトの根幹を信じていれば、差別化を計ることも可能です。そのためには、他のプロジェクトを越えるための“何か”をしっかり認識しておきましょう。

5、何のためにやるのか

・ 社会的意義はなにか

・ 誰が喜ぶのか

 「儲かるからやる」「楽しいからやる」など自分の欲だけでスタートしたプロジェクトや、「他で流行しているから」とまねしたサービスは続かないもの。社会的意義や、誰かが喜んでくれたりすることが、どんなに苦しくても続けていけるポイントです。「ワクワクするような目的」を設定しましょう。

メディアジーンでは「他とは違う」+「刺激的で」+「情報に富んだ」メディア以外は立ち上げないというミッションを掲げています。

PD講座 vol.6 プレゼン 

▲今田さん「仕事を始める前にわかっていれば、こんなにたくさん失敗しなかったと思います」 

*プロジェクトに重要なMVP

・とにかくプロトタイプを立ち上げる(考えているうちに誰かが先に始めるかもしれない)

・ ユーザーの声を聞いて、みんなに育ててもらう

・ 改善して成長させる(軸がブレなければ、やり方は変えてもOK)

・ 振り返ったり、周りを見回したりしながら、立ち止まらずにひたすら育てる (立ち上げるよりも育てることが重要。そしてずっと大変。)

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 26
    11月

“SUBJECTIVE MAP ” 地図ワークショップ 街を歩き主観的な地図を作るアーバニズムプロジェクト

“SUBJECTIVE MAP ” 地図ワークショップ 街を歩き主観的な地図を作るアーバニズムプロジェクト “役に立たない地図!?” いや、とっても主観的な地図です。 街の価値をみんなで紡ぎ出すSUB...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。