Main menu

Play-a-thon 未来をデザインするvol.3 – 音楽 演奏をリデザインする 開催レポート
  • 6
    3月
  • 有料
  • 東京

レポート掲載中

loftwork Lab(ロフトワーク 10F)

Play-a-thon 未来をデザインするvol.3 – 音楽 演奏をリデザインする 開催レポート3

Day2:楽器の枠を超え、未来の音楽の楽しみ方が見えてきた!

2日目は中間発表でスタートし、各チームで開発中のプロダクトと進捗状況を簡単に共有。その後再びプロトタイピングに取り組みました。会場からは普段のイベントでは全く聞こえない様々な音が乱れ飛ぶ、不思議な空間になっていきました。

工作機器が本気です。

カエルをインターフェイスに本気のプログラミング

料理器具がどんな音を奏でるのでしょうか。

最終成果発表 演奏はリデザインされたのか?

およそ6時間のPlay-a-thonとチーム内のリハーサルを経て、最後に2日間のPlay-a-thonの成果を演奏スタイルで発表しました。

各チームとも、従来の楽器の枠を超えた想像以上にクオリティの高いアウトプットが出揃い、目の前で繰り広げられるパフォーマンスにも工夫が満載。演奏を見守る参加者たちを目でも楽しませ、会場は大いに盛り上がりました。また発表後は、コンセプト、新規性、楽器のアイデア、プロトタイプの出来映え、パフォーマンス、ヤマハの技術の活用アイデアといった評価軸で、ゲストによる審査会を実施。審査員にはスペシャルゲストとして会場に駆け付けたフォトグラファーのジュリワタイ氏も加わりました。

JulieWatai氏がゲスト審査員として登場

見事優勝を獲得した「tempori-on(テンポリオン)」を含む3チームのアイデアを動画で紹介します。

●tempori-on コンセプトは「Play-a-thonで仲良くなろう!」。音楽に関心があることはわかっているが、互いにまだ親しくないPlay-a-thonの参加者が、セッションを通して楽曲を完成させ、共に達成感を感じることで仲良くなることを目指すアイデア。

●サウンドモブ

コンセプトは「共に感動を創る」。フラッシュモブのように、偶然その場に居合わせた人に参加してもらい、会場が一体となってサウンドを奏でるアイデア。



●LouminouStep

コンセプトは「あなたの足音を奏でます」。圧力センサーとジャイロセンサーが組み込まれたシューズが体重の移動や動きを感知。走る度に音が鳴ったり光ったりするというアイデア。自分の音色をセットすることも可能。

家事の音を拾い楽しい音に変えるアイディアや、sonoteを使って話しかけた声から似た音を検索し演奏するアイデアも

講評者からも、「2日間でやったとはとても思えない」「技術的にもっと拡がりが出そう」と驚きと感嘆の声があがり、Play-a-thonは大成功に終わりました。ヤマハの神谷氏も、「ハッカソンはその場限りのイベントになりがちだが、これで終わらせるのはもったいないと思うほど、クオリティの高いものがたくさん出来上がった。ぜひ今後もみなさんとの関係を継続しつつ、ものづくりをしていきたい」と語り、イノベーションへの期待を募らせていました。

参加者全員で記念写真。熱い二日間が幕を閉じました。

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 24
    10月

プロジェクトマネジメント基礎講座

プロジェクトマネジメント基礎講座 ※当イベントに関するお問い合わせは、主催の宣伝会議社様へお願いいたします。 講座について 急に役員から「Webサイトをリニューアルしてほしい」「周年に向けて何かし...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。