Main menu

XPD2015 SPRING

Experience Design2015 SPRING

レポート掲載

開催日
2015年03月13日 (金)
場所
六本木アカデミーヒルズ
参加費
有料
  • 13
    3月
  • 有料
  • 東京

レポート掲載中

Experience Design 2015 SPRING

商品やサービスそのものの価値を高めるだけでなく、その商品やサービスを使うユーザの体験に主眼を置いた ユーザ・エクスペリエンス(UX)やユーザの体験と企業全体のビジネス成果に主眼を置いたカスタマー・ エクスペリエンス(CX)のデザインに注目が集まっています。

この両者に共通する「体験をどうデザインするか?」を幅広いジャンルのスピーカーを招き、先端事例を交え考えていきます。

登壇者

Ms.Astrid Klein
Ms. Astrid Klein
伊藤好文氏
伊藤 好文氏
Chiaki Hayashi
林 千晶
諏訪光洋
諏訪 光洋
Hiroki Tanahashi
棚橋 弘季
花田 敦志氏
花田 敦志氏
三浦ふみ氏
三浦 ふみ氏
遅野井 宏
遅野井 宏

開催概要

イベントタイトル Experience Design 2015 SPRING
開催日時 2015年3月13日(金)10:00-17:45(9:30受付開始)
場所 六本木アカデミーヒルズ
Academyhills
http://www.academyhills.com/aboutus/access/
〒106-0032 東京都港区 六本木6−10−1 森タワー 49F
対象 ・よりよい体験を消費者に提供したい方
・企業で顧客体験向上のミッションをお持ちの方
・事業責任者、マーケティング、デザイナー、CX・UX担当者
参加費 3,000円 早割りチケット 2/18(水)〜3/3(火) 
5,000円 一般チケット 3/4(水)〜3/13(金) 
*Peatix事前決済
定員 150名
主催 株式会社ロフトワーク
協賛 ライブパーソンジャパン株式会社, 株式会社インテージ,株式会社岡村製作所
ご注意
  • 参加者の皆さんの聴講・作業風景などのお写真や、発表いただく内容は後日弊社サイトにて掲載させていただく可能性があります。
  • プログラムは、予告なく変更される場合があります。
  • 申込完了メールは、フォーム入力のメールアドレスではなく、Peatixアカウント登録のメールアドレスに送付されます。
  • 決済完了をもって申込受付となります。お支払い前に定員に達した場合は、参加ができなくなりますのでATMやコンビニ決済選択の方はすみやかにお支払をお願いします。
  • 3/6(金)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は返金いたします。キャンセルをご希望の場合はPeatix「主催者へ連絡」よりご一報ください。3/7(土)以降のキャンセルについては、いかなる理由をもってもご返金いたしかねますので予めご了承ください
  • 領収書の発行についてはPeatixサポートページをご覧ください。

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

プログラム

9:30-10:00 受付開始
10:00-10:10 Opening Speech (株式会社ロフトワーク 代表取締役 林千晶)
10:10-10:50 Keynote Speech
「Experience Design」(Klein Dytham architecture Ms. Astrid Klein)
10:50-11:30 Panel Discussion (Ms.Astrid Klein × モデレーター:林千晶)
11:30-12:45 Lunch
12:45-13:15 「新生VAIO、クリエイターと共に創る商品開発への挑戦」(VAIO株式会社 商品プロデューサー商品企画担当ダイレクター 伊藤好文氏)
13:15-13:45 「Experience Designの実践」(株式会社ロフトワーク イノベーションメーカー 棚橋弘季)
13:45-14:00 Break
14:00-14:10 Introduction for Lightning speakers
14:10-14:25 Lightning talk 1 ライブパーソンジャパン
14:25-14:40 Lightning talk 2 インテージ
14:40-14:55 Lightning talk 3 岡村製作所
14:55-15:10 Break
15:10-17:00 Workshop *3room 
17:00-17:15 Break
17:15-17:30 Workshop Summary
17:30-17:45 Closing Speech(株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪光洋)

KEYNOTE

Ms.Astrid Klein

Klein Dytham architecture
建築家 ディレクター
Ms. Astrid Klein

ドイツ系の両親のもと、イタリアのバレーゼに生まれる。伊東豊雄建築設計事務所で働いた後、1991年に、マーク ダイサムと共に現事務所クライン ダイサム アーキテクツ(KDa)を設立。KDaの作品やその活動は、多くのメディアからの注目を集め、現在では日本をはじめ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ各都市の大学での講義や数多くのデザイン、建築関連の国際会議などにも度々招かれている。これまでのクライアントはグーグル、TSUTAYA、ソニー、ヴァージン・アトランティック、ナイキ、ユニクロ、ヴァーチュなど。KDaは東京都心のクリエイティヴなアート・スペースであるSuperDeluxeの設立にも関わる。ここで生まれたPechaKucha Nightは、20枚のスライドを各20秒間で説明するプレゼンテーション・イベントだが、その形式は世界で熱狂的に支持され、今や全世界800以上の都市で実践されている。

SESSION

伊藤好文氏

VAIO株式会社
商品企画部 部長/商品プロデューサー 伊藤 好文氏
伊藤 好文氏

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。1996年よりソニーにてテレビ設計に従事。後に商品企画としてソニースタイル限定商品やQUALIA、中国向け製品の企画を行ない、2008年からVAIOへ。 「バイオP」(2009年)など個性的なモバイル系製品を多く立ち上げてきた。2014年7月VAIO株式会社設立より商品企画全体を統括。クリエイター向けに創られたVAIO Z Canvasのような個性的なPCのプロデュースも行っている。

Chiaki Hayashi

株式会社ロフトワーク
共同創業者、代表取締役
林 千晶

1971年生、アラブ首長国育ち。2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、ロフトワークが手がけるプロジェクトは年間530件を超える。書籍『シェアをデザインする』『Webプロジェクトマネジメント標準』『グローバル・プロジェクトマネジメント』などを執筆。2015年4月、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を設立、代表取締役社長に就任。

諏訪光洋

株式会社ロフトワーク
代表取締役社長
諏訪 光洋

1971年米国サンディエゴ生まれ。
慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

Hiroki Tanahashi

株式会社ロフトワーク
イノベーションメーカー
棚橋 弘季

芝浦工業大学卒業後、マーケティングリサーチの仕事を経て、1999年頃よりWeb制作の仕事に携わるように。2004年からは株式会社ミツエーリンクスにてWeb戦略立案や人間中心設計によるコンサルティング業務に従事。 2008年からは仕事の対象をWebからプロダクト/サービスへとシフトし、株式会社イードにてユーザーリサーチやインタラクションデザインに関するコンサルティングを経て、2009年株式会社コプロシステムにてクライアント企業のための新規商品/サービス開発支援業務や社内イノベーター育成のための教育プログラムの提供などを行う。 2013年にロフトワーク入社。サービスデザインの領域を中心に、クライアントのビジネス活動にイノベーションを実現するための支援業務を担当する。

花田 敦志氏

ライブパーソンジャパン株式会社
Enterprise Account Executive
花田 敦志氏

大学卒業後、SIerに勤務。その後インターネット系企業を経て2014年から現職。LivePerson Japanの成長と共に幅広い業種の案件を担当。

三浦ふみ氏

株式会社インテージ
マーケティングイノベーション本部 リサーチソリューション開発室長
三浦 ふみ氏

広島県出身。お茶の水女子大学卒業後、出版社、外資系マーケティングリサーチ会社等を経て、現在は株式会社インテージに勤務。次世代リサーチソリューションの開発を担当し、メンバーと共に「対話と共創の時代の/循環型の世の中の新しいリサーチ」について考えながら、メーカー やサービス業のお客様の課題解決にあたる。並行して、法政大学大学院ビジネススクール修了(MBA)後、中央大学大学院戦略経営研究科博士後期課程在学中。

遅野井 宏

株式会社岡村製作所
マーケティング本部 ソリューション戦略部 未来企画室 室長/WORK MILL編集長・エバンジェリスト
遅野井 宏

1999年キヤノン株式会社に入社し、レーザープリンターの事業企画を経て事業部IT部門で社内変革を担当。2012年に日本マイクロソフト株式会社に入社し、ワークスタイル変革専任のコンサルタントとして活動後、2014年に株式会社岡村製作所に入社。オフィス研究所に所属し、コワーキング研究とフューチャーセンターのディレクションを担当。2012年4月から、筑波大学大学院経営システム科学専攻に進学。仕事と研究を両立し、これからのワークプレイス・ワークスタイルのありかたについてリサーチしながら、様々な情報発信を行う。

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

地図・アクセス

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

メディア協賛

  • WEBtan
  • THE BRIDGE
  • Webprofessional
  • マーケジン
  • GIZMODO

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。