Main menu

XPD2015 SPRING - Report  -
  • 13
    3月
  • 有料
  • 東京

レポート掲載中

六本木アカデミーヒルズ

Experience Design2015 SPRING 開催レポート Vol.1

タッチポイントや顧客ニーズが多様化している昨今、商品やサービスそのものの価値だけでは差別化が難しくなり、「体験をどうデザインするか?」に注目が集まっています。ロフトワークは2015年3月13日、体験の価値について考えるシリーズイベント「XPD 2015 Spring」を開催。過去のイベント同様、今回も幅広いジャンルから個性的なスピーカーが顔を揃え、さまざまな切り口から体験のあり方に迫りました。

体験は人の思考や可能性を大きく変えてしまうほどパワフル

オープニングスピーチに登場した林千晶は、この一年で一番強烈だったというミャンマーでの体験を紹介。林が訪れたのは首都ヤンゴンではなく、陸路を5時間かけて車で走り、舟でしか入ることのできないデルタエリアから水路を渡って1時間半の農家。目的は、経済状態のリサーチでした。

ロフトワーク 代表取締役 林 千晶

取材を終えたところで、「今一番何が欲しい?」と尋ねたところ、返ってきたのは「スマ−トフォン」という答え。その理由は、「一毛作を二毛作にするために、どうやって水田の水はけをよくするか、二毛作にはどんな作物がふさわしいかといった情報を取得できたら、もっとお金が入るようになるから」。

この体験を通じて感じたことを振り返り、「成熟したケータイ市場に今さらイノベーションなんて起こせないと考えていたが、自分が物事をいかに小さい目で見ていたかにハッとした。モバイル端末が世界に果たす役割にはものすごく大きなチャンスがあるし、ATMも銀行もないミャンマーで、モバイル端末のプリペイドカードを使った送金システムが生まれているように、もっとも早く立ち上がる公共インフラになっていくのだと思う。そこには、いろんな可能性がある」と林。

ミャンマーでのリサーチ

だからこそ、「左脳だけで考えてビジネスをデザインするのではなく、現地に足を運び、先入観なく体験し、そこの中で何ができるかを考えるのが、今私たちに求められていること」だとして、体験の価値を強調。また、こうしたモノを作る側の体験の重要性の一方で、体験を通じてしかモノの価値が伝わらなくなっている現状もあります。

林は、「体験がいかにパワフルで、人の思考や可能性を大きく変えてしまうのか。本日は多彩なスピーカーを通じて、さまざまな角度から“体験のデザイン”についてお話ししていきたい」と語り、続くセッションへとバトンを渡しました。

心を動かす体験は、お客様のニーズにストレートに応えることから

建築家のMs. Astrid Klein(以下、アストリッド氏)が大事にしてきたもの、それは「体験」です。「体験とは、心を動かすこと。小さな空間では守られていると感じたり、大きな空間では自分がちっぽけな存在に感じたり。みんながどうやって床、壁、天井を体験しているのかを考える」と言うアストリッド氏は、自らが手がけたプロジェクトの一部を紹介していきました。

Klein Dytham architecture 建築家 ディレクター Ms. Astrid Klein

リーフチャペル(小淵沢)(左上)、かんばんビル(右上)、代官山T-SITE(左下)、相馬 こどものみんなの家(福島県相馬市)(右下)

●リーフチャペル(小淵沢)
花嫁のベールをイメージした開閉式の屋根を持つガーデンチャペル。機能的でありつつ、想い出に残る体験を提供している。

●かんばんビル
有栖川公園の向かいにあるアクセサリーショップ「acrylic」に、竹林をイメージしたファサードを設計。交差点にグリーンを増やし、そこを通る人にグリーンの優しさを感じてもらうのが狙い。

●代官山T-SITE
「内装やコンテンツやサービスも含めて建物全体をパッケージにしてほしい」(カルチュア・コンビニエンス・クラブの増田社長)というリクエストを受け、建物にサイネージするのではなく建物自体をサイネージにしようとひらめき、TSUTAYAのTの字を外壁に敷き詰めた。また、「みんな人間観察が好きだから、人がいるほど集まってくる。人が一番のサイン」と語るアストリッド氏は、ゆったりと居心地のよい“おうち感”を追求すると同時に、窓際で楽しんでいる人が見えるように設計。

●相馬 こどものみんなの家(福島県相馬市)
震災後、放射能汚染の不安から遊び場を失った子どもたちのために、公園内に「みんなの遊び場」となるインドアパークを建設。麦わら帽子をイメージした構造で、建物を支える柱は、小鳥やリスなどのモチーフをあしらった木の形をしている。外壁には紅白色を使い、みんなが「あそこに行きたい!」と思うようなハッピーなイメージを演出。

●PechaKucha Night
20秒×20枚のスライドを使って、誰もが自由なテーマでプレゼンを行えるイベント。2003年からスタートし、今は世界中で開催されている。同じ考えを持つ人と出会い、つながり、そこからコラボレーションやプロジェクトが生まれている。

「大事なのは、お客様は何がほしいのか?を考え、それにストレートに応えること。大半の事業者はお客様目線ではなく、自分の都合から見ている。だから、美しくて品質も高い素敵な建物はいっぱいあっても、体験レベルで見ると何か足りないなぁと思うものが多い。これは今後の大きな課題になってくる。オンラインでなんでも買える時代だからこそ、建物やお店に足を運んでもらうために、居心地のよさとか、お客様の欲していることをもっと大事にしないといけない。」(アストリッド氏)

予算がないなら、クリエイティブに努力するしかない

続いて、ロフトワークの林千晶とアストリッド氏によるパネルディスカッションが行われました。その一部をご紹介します。

:予算が決まっている中で、どうしたら代官山T-SITEのような素敵な建物が作れるのか?

アストリッド:「予算がない」は簡単な言い訳。ここを目指したいけど予算がないと言ったら、そこで終わり。それではつまらないし、いつまでも進歩しない。我々はクリエイターだから、クリエイティブに努力するしかない。

林千晶とアストリッド氏によるパネルディスカッション

:当社が空間設計を手がけた施設でも同じような会話があった。最上階のテラスに、天気のいい日に仕事をしたくなるような空間を作りたかったが、出てきたのは市役所前の広場のような植栽計画。木が枯れると落ち葉が落ちるし、土が流れるから管理費がかかる、予算がないから高い木はダメ。パブリックスペースの植物が全部同じに見える理由がここにある。

アストリッド:自分たちの都合で見てしまうと、そういうことになる。みんな自然が好きでしょ?だったら落ち葉は拾えばいい。いいものを手にするためには努力が必要。掃除が大変だからガラスじゃなくて全面壁のほうがいい?違うでしょう。新しいことをやるには乗り越えないといけないハードルがいっぱいある。でも、楽しいと思う気持ちにシンプルに応えていくことが大事。

:セッションの中でプロトタイプという言葉が出ていたが、建築はプロトタイプしづらいものでは?

アストリッド:建築はプロトタイプで終わってしまうもの。たとえば、代官山T-SITEは一個しかない。前例がないし、次に作るものも同じではない。常にプロトタイプ。もちろん、作ったら終わりではなく、改善点を次のプロジェクトに活かすことはできるが、ニーズも変わるし、時代も変わっていく。それに合わせていくことが重要。ただ、最初に品質を大事にして作ると、そこに愛着が生まれ、多少不便なところがあっても愛着で乗り越えられる部分がある。安っぽいものが継続的に愛されることはない。新しいものが出来たら、どうせ安かったから捨ててしまえ!となる。

:時代を越えて愛されるためには?

アストリッド:万人をハッピーにすることは難しいので、ターゲットは絞ったほうがいい。大勢をターゲットにしてしまうと、上と下を削って妥協することになる。フラットラインはどちらの心も動かさない。多目的ホールって一番殺風景でしょう?もっと毎日ワクワクできることを大事すべき。そして、お客様のインサイトを導き出すには、自分だったらどうしたい?どこにいたい?何を食べたい?を考えること。自分でこれがベストだ!と100%信じることができれば、お客様にも必ず伝わるはず。

Event Information:XPD2016 SPRING - Data x Design -

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 27
    5月

Fab Meetup Vol.39 - 野生の創造性 -

※本ページはFabCafe MTRLで開催予定イベントの転載です。 Fab Meetup Vol.39 - 野生の創造性 - ー つまり、縄文土器かロックンロール ー ナビゲーター:島影圭佑(OTO...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。