Main menu

発見と検証の高速化を実践する「デザインキャンプ」

発見と検証の高速化を実践する「デザインキャンプ」

受付中

開催日
2018年01月29日 (月)
場所
loftwork COOOP10
参加費
無料
  • 29
    1月
  • 無料
  • 東京
loftwork stamp
申し込み受付中

    発見と検証の高速化を実践する「デザインキャンプ」

    例えば、3ヶ月の仕事を、3日で終わらせられるか?
    仮説形成と意思決定を高速化する、短期集中デザインプロセスの実践を紹介

    あなたは普段、どのようにプロジェクトを進めていますか?
    例えば毎週の定例会議をセットして、数ヶ月単位で進行することが多いのではないでしょうか。時間の使い方に注目した場合、例えば承認をとるための資料作成に、会議までの一週間の多くを使ってしまっていないだろうか。

    日々進化する技術や価値観、社会情勢…不確定要素の多い中、新たな事業やサービスを立ち上げるのに、何年もの時間を費やすことは、大きな機会損失に繋がってしまいます。

    それだけでなく、より創造的な事業やサービスを生みだすには、いかに限られた時間の多くを、本質的な価値をみつける、創造活動に使えるかがますます重要になっているはずです。

    私たちロフトワークでも、プロジェクトの質を高めたままに、いかに短期間で実施できるか。という課題に挑戦してきました。

    例えば、Google Venturesがスタートアップ支援の為に用いているプログラム、デザインスプリントのように、わずか5日間で仮説形成、意思決定、そして検証といった一連のプロジェクトプロセスを実践する方法。

    あるいは3日間、関係者が同じ空間に集い、濃密な議論を重ね、プロトタイピングで形を作りながら意思決定を進めていくための、プロジェクトデザインとファシリテーション。
    スピードとイノベーションを生むプロジェクトを行うための空間、loftwork COOOP3 も昨年立上げるなど、様々なデザイン手法を有機的に取り入れて、プロジェクトの現場に取り入れてきました。

    そこで本イベントでは、これまでロフトワークで取り組んできたプロジェクトアプローチを、"発見と検証の高速化を実践する「デザインキャンプ」”と題して、実際のプロジェクト事例を交えながらみなさんにご紹介します。

    前半はシニアディレクターの重松から、5日間でチームの目線合わせから、仮説形成、意思決定、デザインといった一連の流れを濃密に短縮して実践するためのアプローチを。後半は、クリエイティブディレクターの金指より「デザインキャンプ」事例として、茨城キリスト教大学のWebリニューアルや、大手メーカの研究プロジェクトで実践したデザインキャンプ事例をご紹介します。

    ◎関連リンク
    林千晶Blog 「3ヶ月の仕事を、3日で終わらせるための空間」
    デザインの未来を生み出すプロジェクト空間、COOOP3

    登壇者

    yu_shigematsu
    重松 佑
    ryo_kanazashi
    金指 了

    開催概要

    セミナータイトル 発見と検証の高速化を実践する「デザインキャンプ」
    開催日時 2018年1月29日 16:00 - 18:00(受付開始 15:45)
    場所 loftwork COOOP10
    東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア 10F
    対象 ・ユーザー体験を重視して、自社プロダクトやサービスを開発・改善したいと検討している方
    ・デザインスプリントのような、短期集中型のデザインプロセスを実践したい方
    ・今年度中に来年度のマーケティング戦略や事業・サービス開発の実行プランを描きたいと検討中の方
    ・マーケティング、新規事業開発担当者、自社プロダクト・サービス開発担当者
    参加費 無料
    定員 30名
    主催 株式会社ロフトワーク
    ご注意 ・申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください
    ・広告代理店や制作会社など受託業務に携わる方のお申し込みはご遠慮ください
     参加をお断りする場合がありますので、ご了承ください
    ・参加者の皆さんのお写真や発表内容は、後日弊社サイトに掲載いたします
    ・プログラムは、予告なく変更される場合があります

    このイベントに申し込む

    お申し込みを受け付けております。

    プログラム

    • 16:00
      |
      16:10

      Opening

      ロフトワーク マーケティング 岩沢エリ

    • 16:10
      |
      16:50

      「短期間で結論を出す、集中プロジェクトデザイン」

      • マルチタスクワークから、コンセントレーションワークへ
      • プロジェクトの方向性をたった一週間で意思決定する方法
      • 多様な視点を取り入れたチームの組成と巻込み
      yu_shigematsu
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブDiv. シニアディレクター
      • 重松 佑
    • 16:50
      |
      17:20

      「デザインキャンプ実践の事例紹介」

      • 茨城キリスト教大学のWebリニューアルで実践した短期集中ワーク
      • 場と時間の適度な制約が創造性を刺激する ークリエイティブ空間の活用事例
      ryo_kanazashi
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブディレクター
      • 金指 了
    • 17:20
      |
      17:30

      Summary & Open Question

    • 17:30
      |
      18:00

      Networking

    このイベントに申し込む

    お申し込みを受け付けております。

    登壇者

    yu_shigematsu

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブDiv. シニアディレクター
    重松 佑

    日本大学芸術学部映画学科卒業後、映像業界を経てディレクターとしてWeb業界へ。企画提案、コーポレートサイト制作、スマートフォン制作、アプリ制作など幅広く制作に携わる。2012年ロフトワークに入社。企画・取材の提案から、ワークショップの設計などを得意とする提案型のディレクター。ミュージックビデオなどの映像作家としても(ときどき)活動中。

    ryo_kanazashi

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブディレクター
    金指 了

    大学卒業後、不動産会社に入社、企画・営業・メディア運営に従事。その後新規事業で学生寮の立ち上げに参画、企画・空間ディレクション・管理運営などを担当。前職で関心を抱いたグラフィックデザインとソーシャルデザインを学ぶ中で広義の「デザイン」に可能性を感じ、ロフトワークに入社。プライベートでは気仙沼を拠点に活動するNPO法人の理事も務める。仕事のモットーは、「何をつくるのかよりも、何故つくるのか」。

    このイベントに申し込む

    お申し込みを受け付けております。

    地図・アクセス

    このイベントに申し込む

    お申し込みを受け付けております。