Main menu

Creative Project Management

ロフトワークのプロジェクトマネジメントとは

「賢い人間は、他人の失敗から学ぶ。
愚かな人間は、自分の失敗からしか学ばない」

初めてプロジェクトマネジメントの国際カンファレンスに参加したとき、目にしたフレーズです。プロジェクトマネジメントは、言葉の響きから、プロジェクトを進行管理するための堅苦しい手法だと誤解されがちです。でも、プロジェクトマネジメントの本質は、そこにはありません。刻々と変化する環境の中で、自分が心から成功させたいと願うプロジェクトを成功に導くための知識体系であり、世界中のプロジェクト実践者たちの集合知です。また、私たちがもっと自由に、もっと大きな挑戦をすることを可能にしてくれるフレームワークでもあるのです。

プロジェクトや、プロジェクトの成果物にかかわる人すべてをハッピーにすること。それがプロジェクトマネジメントの真の目的だと思っています。

株式会社ロフトワーク 代表取締役
林 千晶

プロジェクトデザインの原点、世界標準の「PMBOK®」

ロフトワークは、2002年という早い段階からWebとクリエイティブの領域に世界標準のプロジェクトマネジメントの知識体系「PMBOK(ピンボック)」を導入し、Webプロジェクトのフレームワーク確立や失敗リスクの軽減などに努めてきました。その過程で得た知識や経験を体系化し、Webの制作現場につながるように編綴したのが、書籍『Webプロジェクトマネジメント標準』です。
プロジェクトの課題が個人の能力・努力の問題であると苦しんでいる方々にこそ読んでいただき、正しいフレームワークを身につけることで制作側・クライアント側の双方がハッピーになることを願って、制作されました。

本書は、2008年にロフトワーク代表・林千晶と富士通グループのWebを統括する高橋宏祐氏(*1)の共著で株式会社技術評論社より出版されました。Webをはじめとする様々なプロジェクトに取り組むより多くの方の手に届き活用いただきたい思いから、株式会社技術評論社の承諾を得て、この度電子化し、公開・配布することとなりました。

なお、このPDFは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス「Attribution-ShareAlike(表示・共有)」(*2)を付与して配布しています。適切なクレジットの表示、ライセンスへのリンク貼付、変更がある際はその旨を表示し再配布の際は同じライセンスを付与すれば、どんなメディアやフォーマットでも複製したり再配布することが可能です。

*1=所属は発行当初のものです。

*2=Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

『Webプロジェクトマネジメント標準 ーーPMBOK®でワンランク上のWebディレクションを目指す』

共著 = 林千晶、高橋宏祐

【目次】

発刊によせて
はじめに

Chapter1 プロジェクトマネジメントがもたらすもの
「9つの知識エリア」「アウトプット」「スコープ」の3つのキーワードから、 PMBOKの特徴を概観する章。プロジェクトの基本中の基本でありながら、プロジェクトを効果的・効率的に成功に導くためには必須の概念や思想を紹介します。

Chapter2 PMBOKに基づくセオリー
Chapter1で紹介する「9つの知識エリア」に則り、Webプロジェクトに必要と思われるプロジェクトのプロセス5種(立ち上げ、計画、実行、監視コントロール、終結)を取り上げ、プロジェクト・マネジャーに求められる心構えからフレームワーク、ノウハウなど詳細に解説します。

Chapter3 プロジェクト・マネジャーの真のチャレンジ
いざプロジェクト・マネジャーになったらどうすればいいのでしょうか? もつべき信念、プロジェクト・マネジャーとしての姿勢など、求められる行動特性・能力について、具体的なケースをとり上げながらその要素をお伝えします。

Chapter4 ウェブ・プロジェクトで活用できるテンプレート集
Webプロジェクトの各場面で実際に活用できるテンプレートをまとめています。使用状況や効果などポイントを整理しているので、プロジェクトの規模や種類に応じてカスタマイズしご使用ください。
※ページ下部より、各テンプレートやWebツールなどのリンクをご覧いただけます。

Appendix  [座談会]プロジェクト化が進むウェブの現場
Webの制作、コンサルティング、企業など、それぞれの立場にある4名によるプロジェクトマネジメントの実態や可能性についての対談です。Webがもつ機能の変遷を辿りながら、具体的な目標達成のための施策やプロジェクトに挑む姿勢などを語っています。

※2016/7/26 PDF内の一部表現をアップデートいたしました

ダウンロード

書籍内で紹介しているツールのテンプレートのダウンロードリンク、ロフトワークで使用しているプロジェクト管理ツールなどをご紹介します。

Director’s voice

Web制作、空間デザイン、オープンコラボレーション……さまざまなプロジェクトを展開するなかで、実際にプロジェクトマネジメントの手法はどう機能しているか、ディレクターの声を紹介します。

※PMI認定PMPとは、米国PMI(プロジェクトマネジメント・インスティテュート)が認定しているプロジェクトマネジメントの国際資格です。PMBOK に基づいて、受験者のプロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されています。

イギリスの会社に勤めるベテランのプロジェクトマネジャーと一緒にプロジェクトを進めて感じたのは、PMBOKで学んだ語彙・考え方・フレームワークは、まさに世界共通言語ということ。9つの(最新第5版では10の)知識体系に沿ってプロジェクトデザインを整理し、様々な「変更」や「リスク」に対峙するPMBOKの知識体系は、期待以上に「実利」があって、短期集中のミニプロジェクトから込み入った人間関係の難関案件まで、重宝しています。
私は「発注側」から制作業界に移って満3年強でPMPを取得しました。プロジェクトを率いる立場のディレクターはもちろん、クリエイティブに関わるすべての人に、PMBOKを学ぶことを強く薦めます。

PMI認定PMP クリエイティブディレクター/ファシリテーションエヴァンジェリスト 入谷 聡

プロジェクトマネジメントは、プロジェクトに関わる全員がスムーズに仕事を進めるための「土台づくり」をする仕事です。最も大事なのは、プロジェクトをうまく動かすための「計画」。ゴールを達成するために何をする必要があるのか、誰がその仕事を担うのか、どんな方法で、いくらで、どのくらいの品質で、いつまでにやるのか。 決めることはたくさんあって大変ですが、きちんと計画しておくかどうかでプロジェクトの成功率は変わります。

でも実際のところ、最初の計画どおりうまくいくプロジェクトなんてほとんどありません。実は、想定外のことが起こったときの対処方法も見越して「計画」するのが、本当のプロジェクトマネジメントの面白さだと思っています。

PMI認定PMP クリエイティブディレクター 井上 果林

ロフトワークと、新しいことはじめませんか?

Web制作やコミュニケーションデザインなど顧客の体験の創造をベースに、様々なネットワーク、手法を駆使し、お客様と一緒に新しい価値をデザインします。

コメント

blog comments powered by Disqus