Main menu

プロジェクトデザイン Webプロジェクトで解決できることはもっと大きく広いこと、そして何よりクリエイティブはもっともっと楽しくできること。ロフトワークの提案する「プロジェクトを楽しむ」メソッド。

プロジェクトデザイン

ロフトワークのプロジェクトデザインとは

コラボレーション、スピード感、柔軟性、そしてイノベーティブな発想を

ロフトワークは、Web&クリエイティブの領域にいち早くプロジェクトマネジメント知識体系『PMBOK(ピンボック)』を導入し、Webプロジェクトのフレームワーク確立や失敗リスクの軽減などに努めてきました。

ただその一方で、プロジェクトマネジメントは、品質・コスト・スケジュール・スコープに意識を集中した、クリエイティブの力を殺さないための「守り」の考え方という側面もあります。 また、時間の流れが早くなり複雑性も増すなかで、既存の枠を超えたダイナミックなコラボレーションや、月単位ではなく日単位や時間単位で考えるスピード感、柔軟性、イノベーティブな発想の必要性はますます高まっています。

こういった時代の変化に対し、プロジェクトマネジメントのノウハウも柔軟に、迅速に進化しなくてはいけない。 だから、ロフトワークはPMBOKという世界標準の知識体系をベースとしながら、今までのプロジェクトマネジメントを一歩先へ進めるものとして、「プロジェクトデザイン」に取り組んでいます。(代表・林 千晶)

プロジェクトデザインの実践

ワークショップ&講演レポート

プロジェクトデザインを取り入れたクライアントプロジェクトや、外部登壇イベント等の一覧


フレームワークを考えるブログ

林千晶によるプロジェクトデザイン関連のブログエントリ。フレームワーク作成経過を随時更新しています


プロジェクトデザインの原点、世界標準の「PMBOK」

書籍『Webプロジェクトマネジメント標準』(2008年, 技術評論社, 林千晶 高橋宏祐 共著)

私たちは、バーチャルなクリエイティブチームをひとつにまとめ上げるため、2002年よりプロジェクトマネジメントの世界標準とされる知識体系「PMBOK」を導入してきました。

2008年に出版した『Webプロジェクトマネジメント標準〜PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す』について、今でも「教科書がわりに愛読しています」「プロジェクトがうまく進行できるようになりました」という嬉しいコメントをいただきます。プロジェクトデザインに関するフレームワークは現在とりまとめているところですが、ベースとなっている「PMBOK」を知りたい方はぜひこちらの書籍をどうぞ。

*PMBOKはPMIが策定している知識体系で、本書籍ではロフトワークで実践しているWebプロジェクトへの導入方法をご紹介しています。

"ハッピーエンド"のプロジェクトをひとつでも多く増やすため、ロフトワークがPMBOKを経由してたどりついた答え、それがプロジェクトデザインです。

今なぜ、プロジェクトデザインが必要なのか?

株式会社ロフトワーク 代表取締役 林 千晶

——「賢い人間は人の失敗から学ぶ、愚かな人間は自分の失敗からしか学ばない 」

プロジェクトマネジメント協会(PMI)で耳にした強烈な教えであり、プロジェクトマネジメントの真価を的確に表現しています。「プロジェクト」とは、同じことを繰り返す「定常業務」に対して、独自性があり、いつまでにという期日のある仕事をさす単語です。変化の早い今の時代、同じことの反復で構成されている仕事は限られており、私たちの仕事の多くは「プロジェクト」であるといえると思います。

そしてプロジェクトの特徴である「新しいチャレンジ(独自性)」には失敗は付きもの。それでも絶対に成功させたい、させないといけない、そういう挑戦があるはずです。そんな時、どうすればいいでしょう?とにかく根性で乗り切る、勘に頼る、経験を積む。日本人が採用しがちなのが、この3つのK(根性、勘、経験)と言われています。でも残念ながらどれも非科学的ですよね。

それに対し、冒頭の教えにあるように「他人のノウハウや経験をひとつの知識体系としてまとめ、失敗を可能な限り防ぐ」ためのフレームワークが、プロジェクトマネジメントです。同じ失敗を繰り返さない。他人の失敗から学ぶ。どれも簡単そうでいて、実行が難しいこと。それを世界中のプロジェクトに関わってきた人間たちが継続的に改善し、体系化しているのだから驚きです。2000年始めにプロジェクトマネジメントの存在を知ってから、この理念の虜になり、講演や書籍、実際の仕事を通じて、クリエイティブ業界におけるプロジェクトマネジメントの導入に取り組んできました。

ところが数年前から、プロジェクト環境に変化を感じ始めました。市場のスピードが速まり、計画をしすぎることがリスクになること、大きな発想の転換が必要な「イノベーション」が求められる場面が増えたことなどです。特に、迅速性(アジリティ)や恊働(コラボレーション)という要素は、これからのプロジェクトに欠かせない要素になってきました。実際にアジャイル開発やリーンスタートアップといった次世代の手法や思想が生まれ、アメリカとイギリスでは2012年に政府会計監督機関は政府部門でソフトウェアシステムを構築するための最善の方法として、従来のウォーターフォール型ではなく、アジャイルの採用を推奨するようになり、その適用とガイドラインを提供しています。

クリエイティブにおけるプロジェクト・フレームワークも、従来のプロジェクトマネジメントの知識を活用しながらも、スピードを高め柔軟性をもたせるための手法や、多様なメンバーの間で優れた化学結合をおこすためのコミュニケーション・スキルなどを加えたものとして進化させる必要を感じました。

プロジェクトをより能動的にデザインし、変化に迅速に対応しながら小さく始めて大きく育てるためのノウハウと実践、それが2012年に「プロジェクトデザイン講座」で取り組んだフレームワークです。プロジェクト管理の基礎知識はおさえつつ、チームビルディング、ラピッド・プロトタイピング、ユーザテストなど、これから重要になる要素を各回で実践しました。また、「スピード感」を体感してもらうのも、この講座の大切な目的のひとつ。6週間にぎゅっと凝縮、たった6週間で、アイディア着想からプロトタイプ作成まで到達できることを、体感してもらいました。全ての講座を通じて、講義は最小限におさえ、参加者が自ら考え、自ら感じとってもらうことも大切にしました。「教わるより、学ぶ」というプロジェクトデザインの基本姿勢です。

しかし、その目指すところはプロジェクトマネジメントと変わっていません。必ず成功させたいプロジェクトのために、人から学び、人と学びを共有する。その第一歩として、プロジェクトデザインの考え方を未来のプロジェクトに繋げたいと思います。

コメント

blog comments powered by Disqus