Main menu

  • 2016.08.01
  • 株式会社ロフトワーク

雑誌『事業構想』に、イベント「A CREATIVE SPACE for INNOVATION ー 未来をカタチにしていく創造空間のつくり方」のレポート記事が紹介

活発な「共創空間」のデザインとは

7月6日、「イノベーションが生まれる空間のデザイン」をテーマに、イベント「A CREATIVE SPACE for INNOVATION」を開催しました。岡村製作所、富士通、パナソニックなどの空間設計の担当者、専門家が参加した議論の内容が、雑誌『月間 事業構想』で特集記事「1億総起業社会」のなかで、イノベーションを起こす事例のひとつとして、レポート記事で掲載されました。 アイデアをかたちにして、イノベーションを起こすために必要なデザイン、9つの要素などについて、全6ページで丁寧に紹介されています。ぜひご覧ください。

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus