Main menu

グローバル展開

グローバル展開

クリエイティブを生かしたグローバル展開

ロフトワークは、お客様と一緒にビジネスのコアから考え、あらゆる種類のクリエイティブをユーザに届けます。世界5カ国に広がるデジタルもの作りカフェFabcafeのネットワーク、ロフトワーク台湾というアジアの新しい拠点を通じて、各国の文化に精通した現地のメンバーと日本が連携してグローバルチームを組むことが可能です。

たとえば、アジア圏でのフィールドリサーチ、海外顧客の視点をとりいれた多言語サイト構築、現地でのテストマーケティング企画など、現地のコミュニティに根付いたソリューションをサポートします。

グローバルマーケット進出における課題

グローバル・ブランディングや拠点の設置は初期コストがかかりすぎるなど、日本企業にとって海外のマーケットにアプローチすることは簡単ではありません。

  • 現地のパートナー選び
  • ターゲットの姿やニーズが見えにくい
  • コストや労力の負荷が大きい

ロフトワークが実現する3つの新しいアプローチ

  • ネットワークよりも”コミュニティ”
  • マーケティングよりも”リアリティ”
  • プロモーションよりも”サステナビリティ”

community

COMMUNITY

海外にネットワークを作ること。信頼できるパートナーを探すこと。海外進出においてそれらはすべて重要なプロセスですが、一朝一夕にできることではありません。プロジェクトの初期段階から現地コミュニティと寄り添い、時には新たなコミュニティを醸成しながら、双方向の対話を取り入れてみませんか。共に製品やサービスを育てていくコミュニティはきっと信頼できるパートナーやファンを生み出します。

Reality

REALITY

マーケットに出ずに、リサーチ会社のデータや統計資料ばかりに頼って顧客像を理解しようとしていませんか?百聞は一見にしかず。文化や考え方が異なる海外だからこそ、リアルな声を丁寧に拾うことが重要です。

sustainability

SUSTAINABILITY

海外へのアプローチは分からないことだらけ、コストやリソースの負荷も高くなりがちです。だからといって単発のキャンペーンを打つだけで終わらせては、顧客の心を掴むグローバル展開とは言えません。密度の高いコミュニティの中で小さく、早くPDCAを回し続けること。サステナブルなプロジェクト設計こそが現地に根付くビジネスの鍵です。

新しいグローバルアプローチを実現する ロフトワークの強み

Fabcafe network

世界中に広がるFabcafeネットワーク。そこは各国の文化に精通したメンバーが集まるコミュニティでもあります。各国に現地法人がなくても、彼らに直接アイデアやニーズを求めたり、商品を実際に使うユーザーの行動を観察することができます。

members

ロフトワークのメンバーは、40名以上がクリエイティブディレクター。だからこそメディアの枠を超え、クライアントのビジネスに最適なクリエイティブを実現することができます。また、フィールドリサーチの結果をWebデザインに落とし込むなど、ユーザー中心のデザインに取り組んできた実績があります。

loftwork.com

2万2千人が登録するクリエイターポータルサイト「loftwork.com」。世界規模のクリエイターとのつながりによって、国内外から質の高いデザイン作品を公募することができます。

ロフトワークが提供するサービス

CAMP

CAMP 現地の生活習慣やトレンドを知るためのツアー

企業訪問ツアー企画、スタートアップ訪問、チームビルディング合宿

RESEARCH

RESEARCH ターゲットを知るためのリサーチ

アジア圏でのフィールドリサーチ、インサイト調査、自社ポジショニング調査、Fabcafe でのテストマーケティングやユーザビリティ調査

STRATEGY

STRATEGY コミュニケーション戦略策定

ワークショップでのデザインコンセプト策定、ユーザーエクスペリエンス設計、KPI設定、キャンペーンプランニング

EVENT

EVENT 現地ターゲットとリアルな接点をもつためのイベント

クリエイター向けイベント、ディベロッパーコミュニティ育成、ハッカソンによるプロトタイプ開発

CREATIVE

CREATIVE コミュニケーションツール全般をプロデュース

多言語サイト構築、グローバルサイトに最適なCMSの提案、カタログなどの販促物、映像、空間デザインなど

サービス例

Research
アジア圏での先進事例を取材、
オウンドメディアで発信。

STEP1
アジア圏でのフィールドリサーチ
キーパーソン・企業への訪問
STEP2
Fabcafe(台湾・バンコク)におけるイベント実施
STEP3
調査内容をwebサイト/冊子で発信

Web design
海外市場をとらえるための
多言語Webサイトを構築

STEP1
現地でのフィールドリサーチ合宿
デザインコンセプト策定
STEP2
国内外のデザイナーによるコンペ
Web戦略策定
STEP3
日・英・韓・繁体字・簡体字の多言語
Webサイトを構築

制作事例紹介 株式会社 加賀屋

海外顧客へのインタビューを Webサイトのデザインコンセプトに落とし込む

海外の潜在顧客に訴求するため、国内外のメンバーでチームを結成。加賀屋現地での合宿と海外からの宿泊客へのインタビューを実施しました。その結果は、旅館自体の魅力訴求よりも、能登の自然や観光情報の紹介をメインとした構造へと落とし込まれました。

株式会社 加賀屋 外国人旅行者向け多言語Webサイト制作


事例:株式会社 加賀屋 外国人旅行者向け多言語Webサイト制作


Tim Wong

加賀屋プロジェクトは、Webサイトを通じてアジアの潜在顧客に向けて、日本伝統文化の奥深さを伝えるという、とても興味深いプロジェクトでした。日本の顧客にとっては、加賀屋は日本一の温泉旅館として知られていますが、一方、台湾や多くのアジアの顧客には、台北の北投区にある旅館のブランドとして知られています。現地のでフィールドリサーチでは、台湾、香港、タイ、シンガポールからの顧客にインタビューしましたが、彼らが日本の旅行客とは全く違う認識と期待を持って七尾市にある加賀屋を訪れていることがわかりました。一例として、アジアからきた彼らの多くは、加賀屋でリラックスする経験と合わせて、周囲のエリアのローカルな文化やお祭りも同時に楽しみたいと思っていたのです。そこで新しいグローバルウェブサイトでは、伝統的なおもてなし、温泉、石川県の伝統料理、四季と祭り、などすべてをこの街全体で得られる”経験”として表現しています。七尾の街全体を楽しみたいと思う海外の若い世代にとっても加賀屋のWebサイトは魅力的なハブになるでしょう。

FabCafe Taipei / Loftwork Taiwan co-founderTim Wong

グローバルマーケット進出における課題

グローバル・ブランディングや拠点の設置は初期コストがかかりすぎるなど、日本企業にとって海外のマーケットにアプローチすることは簡単なことではありません。

  • 現地のパートナー選び
  • ターゲットの姿やニーズが見えにくい
  • コストや労力の負荷が大きい

矢印

ロフトワークが各国のメンバーとグローバルチームを組み、最適なアプローチをご提案をします。お気軽にご相談ください!

お客様の声

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル 岡島匠氏

敢えてconcrete5を提案いただいたのは大きなポイントでした。制作会社ではよくある“言われたとおりに作る”のではなく、営業の現場でも簡単に更新できる仕組みを実現したいという当社の思いを汲み取り、成果の上がる効果的な提案をしてくれました。そうした姿勢に共感できたのが、ロフトワークを採用した理由でもあります。

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル
企画総務部 営業企画課 営業企画グループ岡島 匠氏